本年もよろしくお願いいたします

posted in: 未分類 | 0

遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。 現在は新モデルの開発を着々と進めながら、カスタムバックオーダーの製作、修理、そして春からアトリエで定期的に開催するワークショップの準備と大変慌ただしい日々を送っています。 皆さまに楽しんでいただけるような催しを沢山できるような、そんな1年にしたいと思います。 現在は月~金は23時までの時間帯で事前予約、土日は15~23時までの営業とさせていただいておりますが、新型コロナ感染拡大が急速に進んでいるため、状況によってはご入店人数や、酒類の提供について制限をさせていただく場合がございます。 本年もよろしくお願いいたします。

本年もありがとうございました

posted in: 未分類 | 0

2021年もあと少しで終わろうとしています。 5月にひっそりとリニューアルしたElectrograveアトリエを今後より多くの良き出会いがあるように、そんな空間に育てていきたいと思っています。ここでしか体験できないようなイベントを企画していきたいと思っていますので是非お楽しみにしていてください。 本年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。どうぞ、良いお年をお迎えください。

営業時間のご案内

posted in: 未分類 | 0

本日より土日は通常営業時間(15時~23時)にて営業いたします。 月~金につきましては当面は事前予約とさせていただきます。 ドリンクカウンターにてアルコール・ソフトドリンク各種を取り扱っております。今後もメニューは増やしていく予定です。修理待ちなどでご利用ください。 ※土日の営業時間は変更する場合がございます。変更の場合はSNSでご案内いたします。

PEDAL MEETING vol. 4

posted in: 未分類 | 0

第1回Pedal Meetingから早一年が経とうとしています。これまでTube Screamer、Centaur、Big Muffを題材に、熱意をもって参加された皆様と共にペダル製作に向き合ってきました。第5回は名機Metal Zoneにオリジナル仕様を融合させた、新たなステージの幕開けともいえる題材をもって開催いたします。 1991年にBossから発売され、今なお愛され続けているMetal Zone、メタル・プレイを念頭に開発されたであろう、歪み成分が凝縮されつつもタイトなサウンドは、ジャンルの壁を越えてあらゆるシチュエーションでその存在感を放っていることから非常に高いポテンシャルをもつディストーション・ペダルであることを証明しています。第5回Pedal MeetingではMetal Zoneを題材に、さらにその圧倒的ハイゲインを維持したまま繊細なプレイを可能にするElectrograve特製ゲート、通称Ripperを搭載したSSMZ(Stiff Slack Metal Zone)を製作していただきます。Metal Zoneのディストーション・サウンドはそのままに、Ripperモードにより音の減衰区間を無慈悲にカットすることで新たなフレーズ開拓の可能性を体感いただけると思います。さらにこのMetal ZoneとRipperの融合体を毎度お馴染みstiffslack限定デザインのケースに組み込むという、今回もとことん熱量を込めた内容となっています。また製作中はMetal Zone回路をさらに深く楽しむための小話等を交えながら進行していきます。 必要工具は全て完備、はんだ付けから組み立てまで製作にかかわる全ての工程を熟練スタッフが手厚くサポートいたします。Pedal Meetingでしか手に入らない、至高の一台を是非ご自身の手で作り上げてください。 ※感染予防対策の為、当日の開催時間に制限がございますが、時間内に完成できなかった場合は別日に引き続き製作いただけます。当日は安心してご参加ください。詳しくは当日ご案内いたします。 11:00 to 19:00Adv ¥18,000  +1drink(¥500) limited 15 tickets チケット前売・ご予約はstiffslackサイトからお願いいたします http://www.stiffslack.com/venue/202110.html

sio exhibition SCENERY

posted in: 未分類 | 0

9/19~9/25の7日間、ELECTROGRAVEアトリエにて「sio exhibition SCENERY」を開催します。ELECTROGRAVEリニューアル後、初めての個展になります。 線と点のみのミニマルな要素で描かれた模様は、見る人の感情のダイナミクスや記憶のどこかにあるシーンと相互干渉し合い、新たな景色を写し出してくれます。最小限の要素で描かれているからこそ、束縛から解放され何にでも変わりうる可能性を感じさせてくれる、そんな作品を作り続けているsioさんをお招きして個展を開催します。 開催初日はsioさんとトークショーを行います。音楽、表現、製作をトリガーに活動するELECTROGRAVEとして、そしてひとりの製作家として、僕自身にも刺激になるような楽しいお話をsioさんとできたらと思います。 ※当日は感染状況により酒類の提供を停止させていただく場合があります。マスク着用、手指消毒等感染予防対策のご協力お願いいたします。 9/19, 20, 23, 25 11:00 ~ 19:00 9/21, 22, 24 13:00 ~ 19:00 入場無料

夏期休業/営業時間のお知らせ

posted in: 未分類 | 0

8/13~8/15はお盆休みとさせていただきます。 愛知県蔓延防止措置の施行により、今月末までは平日は事前予約、土日は15時~20時までの営業とさせていただきます。尚、酒類の提供は停止させていただきますのでご了承ください。 よろしくお願いいたします。

営業時間変更のお知らせ

posted in: 未分類 | 0

愛知県まん延防止等重点措置の実施に伴い、8/8~8/31の期間は営業時間を最長20時までとさせていただきます。なお、上記期間中は酒類の提供を停止させていただきます。 よろしくお願いいたします。

Dhal x ELECTROGRAVEワークショップ

posted in: 未分類 | 0

ELECTROGRAVEから徒歩10分くらい、自転車で数分の場所にあるDhalとの共同企画で、電子部品を材料にアクセサリー製作のワークショップを新生ELECTROGRAVEアトリエで7月24日(土)に行います。 Dhalのオーナー水谷さんはご近所ともあって、よくELECTROGRAVEに遊びに来てくれるのですが、たしか昨年、作業台に落ちていた電子部品をみて、「これでアクセサリーつくりたいっ!」と目をキラキラさせながら言っておりました。当時電気のエネルギーを用いてその本分をまっとうするために作られたものである電子部品をアクセサリーに使うという発想は僕には全くなく、最初は新鮮な衝撃しかありませんでしたが、何度か試作を重ね、デザインがまとまっていく様子に立ち会っていくうちに自然とそんな感性が僕にも宿っていました。今回はDhal監修のもとデザインされたインダクターリングとレジスターリングをはじめ、各種リングを参加者の皆様に製作体験をしていただきます。製作にははんだごてを使用しますが、1つのリングに数点はんだづけをする作業ですのではんだづけ初心者の方でも安心してご参加いただけます。午前の部と午後の部、それぞれ60分づつ設けておりますので、じっくり納得のいく仕上がりになるまでサポートさせていただきます。必要な工具は全て完備してますので手ぶらのご来場もOKです。 Dhalがファッションを通じて、今まで気づかなかった自分の魅力を照らしあげてくれる、いわば灯台のようなアイテムをデザインされている、すなわち陽の存在なれば、ELECTROGRAVEは人々の内面に宿る消化しようのない禍々しい感情を具現化できるような闇属性音響デバイスをデザインする、陰の存在でしょうか。そんな二つの熱い想いが融合したワークショップを心ゆくまでお楽しみください。 「Dhal x ELECTROGRAVE アクセサリーワークショップ」講師:小池 和伸(ELECTROGRAVE)7月24日(土)午前の部 11:00~12:00午後の部 14:00~15:00各部定員8名づつ参加費:2,200円(税込)材料費含みます ※お支払いは当日現金にて会場でお願いいたします。製作物:リング3点 場所:ELECTROGRAVE名古屋市東区新出来2-1-10ダルより徒歩10分ほどです 〇申込開始日7月17日(土)11:00~〇お申込み方法ご予約はinfo@dhal.jpに下記の内容をご記入ください。InstagramのDMからのご予約は受付できませんのでご注意ください。 申込受付内容①お名前②お電話番号③ご希望の部/午前の部 or 午後の部 ※リングのサイズは大(約17-18号)中(約13-14号)小(約3-4号)の3種類よりお作りいただけます。サイズの微調整は可能です。※定数に達しましたら、受付を終了させていただきますのでご了承ください。※キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡ください。※マスク着用、手指の消毒等、感染予防策のご協力よろしくお願いいたします。※ワークショップで製作するリングの金属部分の表面は錫メッキされている素材を使用しております。金属アレルギーをお持ちの方はご注意ください。

PEDAL MEETING EXTRA

posted in: 未分類 | 0

これまでPEDAL MEETINGは3度開催しましたが、どの回にも参加したいけど諸々の事情で参加できない、という声が多数あったことを受け、今回は過去のPEDAL MEETINGをまとめて開催します!参加された方からはどれも好評だった過去3回のメニューの中からご希望のものをお選びいただけます。 PEDAL MEETING vol.1 Adv ¥10000 +1drink(¥500)Tube Screamerをベースに必要に応じてモディファイを楽しみながらドライブペダルを製作していただきます。自作経験あり、モディファイの基本的な手法を学びたい、という方に特におすすめです。 PEDAL MEETING vol.2 Adv ¥22000 +1drink(¥500)原音ブレンドドライブペダルとして今も頂点に君臨するCENTAURを製作していただきます。特別に選別された部品を使用し、いかにして至高のドライブサウンドが生成されているのか、製作を通じて体感いただけます。 PEDAL MEETING vol.3 Adv ¥15000 +1drink(¥500)言わずと知れたファズの歴史的名機、Big Muffの中でも特に人気の高いRam’s Headを製作していただきます。製作難易度としてはこの3つの中で最もハードルが低いので自作未経験の方に特におすすめです。 会場には必要な工具完全完備、製作に困ったときは即座に熟練スタッフがサポートに駆け付けますのでご安心ください。技術的なことや回路についての疑問等はご自由にご質問ください。皆様の製作と並行して必要なタイミングで製作上のコツ、裏技等をお話しますので手を動かしながら気軽に聞いていただければより楽しめると思います。もちろん、どのコースもstiffslack限定デザインの筐体をご用意しています。ぺダルを作りあげる魅力、そしてそれを使う喜び、過去開催したどの回にもそんなドラマが満ち溢れていました。これまで諸々の事情で参加できなかった方は是非この機会に! 予約フォーム ※ご予約は必ずこちらstiffslackのサイト内の予約フォームからお願いいたします。http://www.stiffslack.com/venue/202108.html?date=20210801