ワークスペースリニューアルオープン

posted in: 未分類 | 0

5/8よりELECTROGRAVEワークスペースはリニューアルします。 リニューアルオープンのイベントは日々厳しさを増す感染状況を踏まえ延期とさせていただきましたが、いずれ必ず開催するイベントの開催意義が薄れてしまわないよう、新ワークスペース初日から暫しの間オープンらしいイベントは敢えて行わないことにしました。 5/8、9は13~17時の時間帯でワークスペースを開放していますので、是非新しい空間をご覧いただき、ゆったりとしたひと時を過ごしていただければ嬉しいです。

オープン日のお知らせ

posted in: 未分類 | 0

予定より随分時間がかかってしまいましたが内装が完了しました。 新スペースは2021年5月8日からオープンします。 オープン日から数日間はイベントを開催する予定です。詳細は改めてご案内いたします。

Pedal Meeting vol.2

posted in: 未分類 | 0

1/30にstiffslackで開催されたPedal Meeting vol.2、皆様の圧倒的な情熱をもって無事終了しました。参加いただいた皆様、ありがとうございました。 何かを作る世界に足を踏み入れたい、自分のために作ったペダルを手に入れたい、そんな熱い想いは制作中の集中力が生み出す緊張感にすべて現れていました。 当日は初めて製作に挑戦される方もいらっしゃいましたが、正しい工具の使用法、手順に沿ってしっかりと実用できるレベルで完成させていたのはとても嬉しく思いました。 今後もPedal Meetingはstiffslackを取り囲む音楽、そしてそこにまつわるペダルに焦点をあてつつ、参加した皆様には何かを生み出す楽しさや魅力を体験していただけるようなイベントを続けていきたいと考えています。

PEDAL meeting vol.2

posted in: 未分類 | 0

昨年11月にstiffslackで開催した”Pedal meeting vol. 1″から約2ヶ月、早くも第2回の開催です。stiffslackと企画するにあたり、いつかは避けて通れないケンタウルスを題材に、参加者の皆様に製作していただきます。 最大の敬意をもって独自の視点でそのサウンド生成を解説、製作に最低限必要な知識と技術をレクチャーしつつ、実用性が極めて高い完成品をお持ち帰りいただきます。当日は電子部品を回路基板にはんだづけし、特別にデザイン、シルク印刷されたケースに組み込む流れで製作していただきます。必要な工具は全て会場に準備し、工具の使用法やはんだ付けのコツなど、製作未経験の方でも安心してご参加いただける内容となってます。 ご予約はstiffslackのサイト(http://www.stiffslack.com/venue/202101.html) からお申し込みください。感染症防止対策ガイドラインもあわせてご確認ください。

2020を終えて

posted in: 未分類 | 0

2020年もあとわずかで終わります。 今年は大変な1年となりましたがなんとか年を越えることができそうです。 先が見えない不安があり、またそれがあったからこそ踏み切れたこともありました。 これからも多くの苦難はあると思いますが、その度に、それらを正面から受け止めて次につながる道を探していきたいと思います。 12月中に終わらせたかった改装工事は、未完のまま2021年に持ち越しとなりました。 予定より遅れてしまっていますが、それに見合うだけの空間を作っていく気持ちは日に日に増しています。 新しい工房に皆さまをお招きできる日を楽しみにしています。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

PEDAL meeting vol.1

posted in: 未分類 | 0

11/15にstiffslackで開催される”PEDAL meeting”で講師をします。 第一回となる今回はトランスペアレント系ドライブの製作です。 回路の動作、製作上のコツ、自分の用途に最適な調整のヒント、等を丁寧に説明しながら作業を進めていただきますのでこれまで自作経験が全くないはじめての方から何台も自作経験のある方まで楽しんでいただける内容となっています。 特別にデザインされたケースと回路基板を用いるのでクオリティの高い仕上がりになります。 予約、お問合せは、order@stiffslack.com までお願いいたします。 2020/11/15 (SUN) @stiffslack venue start 13:00 ~ 参加費10,000円(ドリンク代別) ※定員15名

工房改装について

posted in: 未分類 | 0

今月からELECTROGRAVE工房の改装工事にはいっています。 施工完了してから工房内のセットアップ等で再開できるのは11月からになる予定です。 音楽、製作、そして表現に繋がるものを、新しくできる空間から発信していければと思っています。 今後ともよろしくお願いいたします。

RIPPER FUZZ T-Shirt 取扱店のお知らせ

posted in: 未分類 | 0

RIPPER FUZZ T-Shirt 2デザインをPEDAL SHOP CULTでも販売開始いたしました。ELECTROGRAVE商品だけでなく、他のメーカによる魅力あふれるエフェクターを数多く取扱っているショップです。是非他のアイテムと合わせてチェックしてみてください。 Tシャツに付属の基板ですが、予想以上に製作に挑戦される方が多く驚きもあり嬉しくもあります。付属基板を使用してRIPPER FUZZを作り上げることは製作工程が決して簡単ではありませんので、工具の基本的な使用法はすでに習得、さらには過去にエフェクター等の製作を経験済みの方にお薦めしていますが、この基板はユニークなアクセサリーとしてもご使用いただけます。日常を彩るささやかなアイテムとしてご利用いただければ幸いです。

RIPPER FUZZ T-Shirt 取扱店のお知らせ

posted in: 未分類 | 0

RIPPER FUZZ T-ShirtをDhalで取り扱いいただくことになりました。 DhalはSONIC DUEL BOXのコラボモデルでお世話になった、commono reproductsのデザイナーとして活躍されていた水谷さんが2018年の夏に新しく立ち上げたブランドです。RIPPER FUZZ T-ShirtはDhalから監修いただいた企画でもあります。 こだわり抜いた素材を余すことなく生かし、そしてそれを身に着けることで自分を新しい世界へ連れて行ってくれるような、そんな素敵な物づくりに真剣に取り組んでいる水谷さんの姿にいつも刺激を受けています。きっとそれは新しいエフェクターやシンセサイザーを手にしたとき、音楽を制作する幅が広がる感覚や躍動感にも通じるものがあると思います。 本日Dhalは通販をスタートしました。Dhalが扱う他の素敵なアイテムも是非ご覧ください。 http://dhaldhal.stores.jp

RIPPER FUZZ T-shirt

posted in: 未分類 | 0

RIPPER FUZZ、RIPPER FUZZ DRY BLENDのシンボル、リッパー君(もぐら)と鎌がデザインされたTシャツを販売開始します。RIPPER FUZZ独特の、極端なまでの静寂と大音量の境界線が生み出す緊張感をモチーフに生み出されたこの愛くるしいキャラクターをUSA製/綿100%、中厚手のボディにハンドプリントしました。 今回のTシャツ販売のために新たに描き下ろしたメイン基板、ステッカーがセットになっています。メイン基板はアクセサリとして使用いただくことを考えて製作しましたが、指定部品をはんだ付けすればRIPPER FUZZとして機能します。製作をご希望の方は指定部品詳細についてinfo@electrograve.comまでお気軽にお問い合わせください。